スタッフの声

総務部奮闘記 Vol.06 【奈良旅行】

2

11月9日 秋晴れ

今年のレクリエーションは奈良旅行です。

興福寺→東大寺→法隆寺と、奈良を代表するお寺を廻りました。

私が奈良のお寺に行くのは小学校の遠足以来なので……60年ぶりです。

いよいよ出発。

1

興福寺へ到着。鹿のお出迎えです。

2

 

ここからはガイドさんに付いていただきます。

定年退職後、ボランティアでガイドをされてるそうで、奈良愛に満ち溢れた方々です(黄色い服を着用されてる方です)。

111DSCF0389

 

興福寺の国宝館の阿修羅像等は見ごたえがありましたが、写真撮影は禁止です。

3

興味のある方はこちらをご覧ください。

 

興福寺の五重の塔は日本で2番の高さとの事。

1番は京都の東寺の五重の塔だそうです。

 

[ガイドさんへの質問タイム]

私:奈良と京都の五重の塔の差はどれくらいですか?

ガ:4mです…(わずかの差でとても残念そう)

でも、焼けましたが奈良には100mの塔があったのですよ(得意そう)

 

次に行った東大寺に、ガイドさんが言われてた「100mの七重の塔」の模型がありました。

4

 

東大寺の大仏様に会いに行きます。
5

会えました。

6

 

 

いろいろな場所にいる鹿たち。

7

ここでアクシデント!

なんと幹事さんの日程表を鹿が咥えて逃げて行ったのです。

追いかけても返してもらえず、日程表は鹿の食料となりました。

鹿が紙を食べるとは…

 

[ガイドさんへの質問タイム]

私:鹿はヤギ科ですか?

ガ:ウシです。胃が4つあります。

 

調べたら ニホンジカは 偶蹄目(ウシ目) シカ科

ヤギは 偶蹄目(ウシ目) ウシ科 とありました。

ウシ・シカ・ヤギ等の偶蹄目には胃が4つあり、食べ物を反芻するとの事です。

 

昼食は「古都屋」さんで、「ポークの一人鍋」や「名物柿の葉寿司」などを美味しくいただきました。

8

 

午後からは別のガイドさんです。

 

[ガイドさんから私へ質問タイム]

ガ:午前中どこへ行かれましたか?

私:(いきなり言われてもお寺の名前が出てこない)

私:忘れました。

ガ:………

 

紅葉の若草山です。

9

 

いよいよ次は現存する世界最古の木造建築物、法隆寺です。

法隆寺で記念写真

10

 

法隆寺で撮った写真いろいろ

11

法隆寺について詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

 

[ガイドさんへの質問タイム]

私:門の左右の風神・雷神も古い時代のものですか?

ガ:(一瞬、間が開き)…仁王様の事ですか?

私:あっ!

ガ:(にこやかに)古い時代のものです。少し風神・雷神に似たところがありますね。

と優しくフォローして下さいました。

 

(感想)

1日で沢山廻り、どこがどこやら……覚えられません。

でも身体で感じた古都の息吹は、いつまでも覚えていると思います。

皆様お疲れさまでした。

作:総務部 小林

 

 

関連記事

〒604-0993
京都市中京区寺町夷川上ル久遠院前町686番地
電話:075-231-0713
FAX:075−231−1227(不動産部)
FAX:075-231-3776(工務部)
営業時間:8:30〜18:00(平日・土曜日)
定休日:日曜日・祝日・第2土曜日、第4土曜日

ページ上部へ戻る