お客様の声

  1. 第106回 我が家に仏間が出来ました

    駒井 文子 様   (ねっとわーく京都21 2016年11月号より)7年前、1階をワンフロアにと、リフォーム工事を人見建設の松田さんに関わってもらいました。それまで快適な生活を楽しんでいましたが、クローゼットの扉が悪くなり、人見建設さんに電話、すぐかけつけていただいたのが山崎さんでした。...続きを読む ≫

  2. 第105回 好機を逃さないで(2)

    竹内 真人 様   (ねっとわーく京都21 2016年9月号より)設計に際しては、今回突然の話だったこともあり、短時間で間取りや設備、内装を決めなければなりませんでした。何回にもわたる打ち合わせのおかげで住居部分、店舗部分それぞれの目的に合った満足できる設計になったと思います。...続きを読む ≫

  3. 第104回 好機を逃さないで(1)

    竹内 真人 様   (ねっとわーく京都21 2016年8月号より)私たちにとって、不動産はとても身近な存在で生活の基盤です。しかし、実際に取引をするとなると、なかなか決心がつかず慎重になることも多くあります。アパートの1室を借りるくらいであれば、比較的容易に決めることもできます。...続きを読む ≫

  4. 第103回 マンション管理をお願いして

    K.Y 様   (ねっとわーく京都21 2016年7月号より)   息子から少額の金が貯まったので、何かに運用したいという相談がありました。定期預金にしても利息が少ないため、もう少し良い案がないかと考えていました。...続きを読む ≫

  5. 第102回  これからも成長する我が家

    K.T. 様   (ねっとわーく京都21 2016年6月号より)  私たち30代の夫婦には小さな子どもが2人います。マンション暮らしを続けていましたが、上の子が小学校に上がる前に家を建ててもらおうと、このたび人見建設さんにお願いすることになりました。...続きを読む ≫

  6. 第101回  偶然の出会いに感謝

    原田 正彌 様    (ねっとわーく京都21 2016年5月号より)  人見建設さんにお願いしていた自宅の建て替え工事が完了し、今年2月末に引き渡しを受けました。人見建設さんとの最初の出会いは昨年3月、隣家の改築工事を始める前に小谷さんが挨拶に来られた時です。...続きを読む ≫

  7. 第100回  全ての想いを形に!魔法のリフォーム

    T.T 様   (ねっとわーく京都21 2016年4月号より)  我が家は夫婦と育ちざかりの子供3人の5人家族です。  子供達の成長と共に段々と家も手狭になってきており、そろそろリフォームをと考えておりました。...続きを読む ≫

  8. 第99回  日本の皆保険制度と民間保険

    藤井 努 様   (ねっとわーく京都21 2016年3月号より)  日本の国民皆保険は世界から称賛される制度。日本の皆保険は憲法25条で定められた生存権を確保され、 国が国民の命と健康に責任をもつという理念にもとづいて作られた制度です。...続きを読む ≫

  9. 第98回 小さな仕事も快く

    谷口 登  様   (ねっとわーく京都21 2016年2月号より)  2年前の今頃は、私たち夫婦共に80歳を超え、また高齢の上、大病を抱えてしまったので住み慣れた地を離れ、嫁いだ娘の側(そば)に家を探す決意をしていました。...続きを読む ≫

  10. 第97回 人見建設さん、出番ですね

    西京区・小林竜雄 様   (ねっとわーく京都21 2016年1月号より)  「京都が京都でなくなる」…そんな声が最近聞こえます。...続きを読む ≫

  11. 第96回  ありがとう、お世話になりました

    特定非営利活動法人ALS  しがネット理事長 葛城 貞三様   (ねっとわーく京都21 2015年12月号より)  特定非営利活動法人ALSしがネットは2010年8月滋賀県の認証を受け、10月から訪問介護事業所“もも”を、翌2011年6月から居宅介護支援事業所“もも”をスタートしました。...続きを読む ≫

  12. 第95回   困った時、また人見建設

    過雲堂書店  周 宇亮 様   (ねっとわーく京都21 2015年11月号より) 東日本大震災の2011年6月に京都で古本屋を開きました。あの時に、人見建設の石原さんの紹介で、本屋の物件を決めました。本屋のリフォームも専務にお願いしました。...続きを読む ≫

  13. 第94回  お世話になりっぱなしです

    A・K  様   (ねっとわーく京都21 2015年10月号より) 人見建設の石原さんとは、今回のお家のことでお知り合いになったのではありません。もう少し前からです。私たち夫婦が家を買うときは石原さんにお世話になれば、親切にしてくれそうだなと思っていました。...続きを読む ≫

  14. 第93回   親身の対応に感謝

    A・T  様   (ねっとわーく京都21 2015年9月号より)今年の正月、我が家では、あの大雪で一階の屋根の瓦がずれたり、落ちたりとちょっとした事件が起こりました。 早急に修理しないといけないと、知人の勧めで以前お世話になった人見建設さんに今回もお願いすることになりました。...続きを読む ≫

  15. 第92回   終の棲家は、快適に

    竹内 宏  様   (ねっとわーく京都21 2015年8月号より)  築36年。冬は窓の隙間と畳と壁の隙間から吹き込む寒冷に、そして、夏はダニで全身のかゆさに悩まされてきました。しかも、玄関からダイニングキッチンの床は一部割れて危険なため、ビニールテープを貼っている状態でした。...続きを読む ≫

  16. 第91回   40年程のおつきあい

    柏木 和子  様   (ねっとわーく京都21 2015年7月号より) 「土台はそんなに丁寧に厳重にせんならんものか」。これは私が親しくしているお隣の奥さんの言葉です。...続きを読む ≫

  17. 第90回   「できるでしょうか?」「できますよ」

    熊谷 克之 様   (ねっとわーく京都21 2015年5月号より)  事業者や職人を見る目を持つ工業高校教師であった父が惚れ込んだ人見建設さんでしたので、父の意思を継いでお願いすることを決意しました。...続きを読む ≫

  18. 第89回   人見建設に頼んでみて

    松久保 真美 様   (ねっとわーく京都21 2015年4月号より)  10年程前に人見建設さんで自宅を新築したのをきっかけに今回の工事をお願いしました。...続きを読む ≫

  19. 第88回  「住み慣れた新築の家」のように快適に

    深津 猛夫  様   (ねっとわーく京都21 2015年3月号より)  築39年の我が古家の改造を思い立ったのは、近年多発している地震対策で、耐震補強工事の必要性を感じてのことであった。おりしも、妻から定年退職の時以来、冬寒く暮らしにくい我家の建て替えを考えるよう、強く迫られていた。...続きを読む ≫

  20. 第87回   安心して相談できる

    市川 仁子 様   (ねっとわーく京都21 2014年11月号より)  人見建設さんと我が家の出会いは、ほぼ40年になります。主人は40代、私は30代、こどもたちは中学生と小学1年生でした。  その頃、岩倉に住んでいましたが、家事室を付設したいと思いました。...続きを読む ≫

〒604-0993
京都市中京区寺町夷川上ル久遠院前町686番地
電話:075-231-0713
FAX:075−231−1227(不動産部)
FAX:075-231-3776(工務部)
営業時間:8:30〜18:00(平日・土曜日)
定休日:日曜日・祝日・第2土曜日、第4土曜日

ページ上部へ戻る