スタッフの声

不動産部 よもやま話 Vol.10【第2回銘木倉庫展示会開催いたしました】

IMG_8866

 

 第2回   銘木展示会販売会 開催いたしました。  2020年11月7日(土) 9時~17時

 

当日は朝から小雨が降ったり止んだりの一日ではありましたが、ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

おかげ様で無事に開催をすることができました(*^-^*)

第2回目も第1回同様、楓、栃、欅、檜、杉、栗、タモなどの銘木の他、テーブル材、棚板、銘木丸太各種をご用意しての開催です。

静市の府道40号線に面した「銘木展示場」の看板が見えるこちらが入口です。ガラス越しに中の様子がご覧いただけます

 

IMG_8839  IMG_8840

天然の木目が美しい木材が並べられている木の香りに包まれる展示場です。それぞれの木に販売価格も貼ってあるので

他の種類と見比べてお買い求めいただけます。 既に売却済となった物には「売却済」とお印が。

IMG_8859  IMG_8854  IMG_8847

手触りが滑らかな丸太から角材やテーブル材、棚板端材までを自由に触って確かめていただけます。丸太ごとにそれぞれ表情が違い鑑賞するだけでも面白いものです。

木材に関するご質問などは現地のスタッフが対応させていただいております。

IMG_8835  IMG_8834

工事で出た端材や大工道具などはなんと!100円~  日曜大工などにいかがでしょうか♪

IMG_8852

なんだか高そうだな・・・と思われるかもしれませんが、種類によっても様々。

たとえばこちらの木目が渋い色合いの松耳付板

2.2m×900×50サイズで42000円です。

このような木材を使用してのテーブルなどが家にあれば、おしゃれだろうな~✨なんて思いながらの写真撮影です。

 

 

 

 

IMG_8856

←こちらのテーブルは世界三大銘木の一つと言われている樹種の「マホガニー」で作られた重厚感あふれる家具です。 断面が美しく耐久性があることが特徴のようです。 古くから高級家具材として利用されてきたようですが、現在は伐採が制限されている地域も多くほとんど見かけることが少なったと言われているとか。

希少価値のあるこの銘木の魅力を肌で体感できるのも展示会の楽しみの一つですね。

 

 

 

 

 

 

IMG_8832  IMG_8843

入口を入ったところには、製作中の真新しい祠が置いてありました。 今回、中京区の西革堂町様より御縁をいただき町内のお地蔵様のいらっしゃる祠の新調を受け賜わりました。 祠の横に写っているのは設計・デザイン担当 上原です。 製作者はベテラン大工の中野により仕上げられました。 屋根にはお地蔵さんの卍の紋が入り良い感じに仕上がっております。このような製作の機会をいただいたことに感謝しております。

IMG_8825  IMG_8863

銘木丸太を展示している倉庫天井の上には天井クレーンが設置になりました。釣り重量500㎏ということでこのように重い200㎏もある木材を女子でもボタン一つで前後、左右、上下へ軽々と自由に移動できる優れものです。

IMG_8818  IMG_8817

最後に展示販売会とは離れた話題になりますが・・・現地スタッフが手にしていたトトロの傘のようなものは展示販売会場に隣接する静市倉庫にある栽培エリアで育てられた野菜です(*^-^*)

作 : 不動産部 神田

関連記事

〒604-0993
京都市中京区寺町夷川上ル久遠院前町686番地
電話:075-231-0713
FAX:075−231−1227(不動産部)
FAX:075-231-3776(工務部)
営業時間:8:30〜17:30(平日・土曜日)
定休日:日曜日・祝日・第2土曜日、第4土曜日

ページ上部へ戻る