スタッフの声

総務部奮闘記 Vol.11 【フィトンチッドってなんぞや】

フィトンチッド (1)

こんにちは。総務の人見です。

年度末で大変忙しいこの時期に、ブログの担当が回ってきました。(笑)

京都は飲食店の時短要請も解除されましたが、まだまだお家時間が続きそうな今日この頃。。。

私事ですが、昨年3月に念願のマイホームを新築することができました。そのおかげでこの1年は快適なおこもりとなり、本当に助かっています。

せっかく工務店に勤めているので「自社大工さんによる木造軸組工法で建てたい!」という夢がありました。実際に1年間暮らしてみましたが「やっぱり木っていいなぁ」と肌で感じる事が多かったので、改めて木の魅力をご紹介したいと思います。

木の魅力第一弾、今回ご紹介するのは『フィトンチッド(phytoncide)』です。
フィトンチッドサイエンティスト

木から発散されるフィトンチッドという成分には、人をリラックスさせ、ストレスを緩和させる効果があります。

山や森へ出かけると、どこか清々しい爽快感を体験する事がありますよね。これは森林浴効果とも言われていて、樹木が発散するフィトンチッドの香り(作用)により、自律神経のバランスを整えたり、血圧を下げたりといったリフレッシュの効果があるからです。

その他にもフィトンチッドには殺菌や防腐効果、抗酸化作用もあります。昔の人たちは木の皮でおにぎりを包んだり、木製のお弁当箱を使ったりしていましたが、ちゃんと科学的にも正しい根拠があったんですね。昔の人ってほんとすごい。

曲わっぱ

そんなフィトンチッドですが、木として植えられているときはもちろん、伐採されて住宅の建材やインテリアの部材になっても、木の内部に存在しています。加工されても効果が持続するという優れものなんですね。

木材は加工のしやすさや、その温もりだけでなく、消臭や脱臭・調湿効果や防虫など、暮らしを快適にする優れた作用もたくさん持ち合わせています。木造住宅は自然の風合いを身近に楽しむだけでなく、木が持つ自然の力で暮らしを豊かにしてくれるという、とても素敵な工法なんですね。

作:総務部 人見

関連記事

〒604-0993
京都市中京区寺町夷川上ル久遠院前町686番地
電話:075-231-0713
FAX:075−231−1227(不動産部)
FAX:075-231-3776(工務部)
営業時間:8:30〜17:30(平日・土曜日)
定休日:日曜日・祝日・第2土曜日、第4土曜日

ページ上部へ戻る